バイナリーオプション基礎

バイナリーオプションで資金管理を怠ると恐ろしいほど負ける!

更新日:

バイナリーオプション資金管理トップ

バイナリーオプションで資金管理を怠るとどうなるかご存知ですか?

言葉を選ばずに言いますと、資金管理を怠るトレーダーはおもしろいぐらい負けます。

具体的には負け続けるというより、大きな損失を出す機会が増加するということが多いようです。

バイナリーオプションで資金管理など意識したことがなかったというあなた。

獲得した利益をあっという間に失い、マイナスを出してしまった経験がありませんか?

それも資金管理を怠ったのが原因である可能性が高いです。

バイナリーオプションで資金管理を怠りる人に多い3つの特徴と対策を紹介していきますので、同じような事態とならないよう反面教師として参考にしてもらえればと思います。

バイナリーオプションで資金管理を怠る人に多い3つの特徴

資金管理を怠る人に多い3つの現象

まずはバイナリーオプションで資金管理を怠る人に多い特徴紹介します。

現在、バイナリーオプションを利用中の方は、当てはまる項目がないか、内容をよく確認しておきましょう。

バイナリーオプションで資金管理を怠るとリスクを分散できない

資金管理が勝敗を分ける

バイナリーオプションで資金管理を怠る人に多い特徴1つ目です。

1つ目の特徴は「一度の取引に高額な投資金を投じて、失敗しリスクを分散できなくなる」です。

バイナリーオプションはいかに有能なトレーダーでも、必ず失敗する時がきます。この失敗したときの損失を、常に考慮しつつ取引に臨む必要があります。

バイナリーオプションの資金管理として、投資額を複数に分散することにより、損失によるリスクも分散することができます。

これを意識せずに、高額投資を行っていると、取引が失敗したときに大きな損失を出しかねません。必ず投資額は複数に分散するよう心がけましょう。

バイナリーオプションで資金管理を怠ると連敗する

バイナリーオプション資金管理連敗

バイナリーオプションで資金管理を怠る人に多い特徴2つ目です。

これは、「取引成果が悪いことでムキになり、むやみやたらと取引を連発してしまう」です。

こういった時こそ、負けを量産する可能性が急増します。

バイナリーオプション取引の成果が悪い時というのは、戦略が通用していないということ。

この状態で連続して取引することにより、負けを量産してしまうというわけです。

これを避ける為には、取引成果が悪いときは取引を中断し、今一度、戦略を練り直す必要があるでしょう。

バイナリーオプションで資金管理を怠るとあっという間に資金が底をつく

資金が底をつく前に・・・

バイナリーオプションで資金管理を怠る人に多い特徴3つ目です。

これは「運用資金の限界を見極めず取引を行ない続けることで、資金が尽きてしまう」です。

本来バイナリーオプションは、リスクを考慮すれば余剰資金で行うのがおすすめです。そのため、あらかじめ運用資金の限界は定めておく必要があるのです。

バイナリーオプションの資金管理として、利用出来る運用資金額を決めておきましょう

1週間に1万円、1ヵ月に5万円しか使わないといった具合です。これを定めておくことで、想定外の損失を回避できるばかりか、生活費にまで手を出してしまった、といった事も発生しなくなります。

以上がバイナリーオプションで資金管理を怠る人に多い3つの特徴です。

資金管理を行う上でやってはいけないこと

バイナリーオプションの資金管理で絶対にやってはいけない2つのこと

ここでは実際にバイナリーオプションで資金管理を行う上で絶対に行ってはいけない2つの項目について解説していきます。

実際に資金管理を行う際はこれから解説する以下の項目について十分に気をつけながら資金管理を行いましょう。

複利

まずは複利とは何かというところですが複利とは以下のような意味になります。

複利とは

元金に生じた利子にも利子がつくこと

バイナリーオプションには利子というものはありませんが利子を利益と置き換えるとわかりやすいと思います。

つまりバイナリーオプションにおける複利とは獲得した利益を資金に加えて次の投資額を計算することで次回取引時の投資額が引き上げられ更に利益を増やすといった意味合いになります。

ではなぜ、複利の考え方がダメなのでしょうか。

それは資金管理が難しいからです。

利益に応じて投資額を引き上げるのは考えれば普通のことですが計算を誤ると損失を招きやすいという特徴があります。

更に、複利の考え方は、そもそもある程度の勝率を叩き出せるトレーダーでなければ実現することができません。

そのためバイナリーオプション初心者が資金管理の方法として複利に頼るのは大きな間違いなのです。

2倍の金額を投資する取引

2倍の金額を投資する方法は、うまく行けば短期間で多額の資金を集めることが出来ます。

コレをマーチンゲールによる取引と呼ぶのですが、初めて投資する場合は失敗することもあるので、注意しないといけません。

なぜなら、マーチンゲールは潤沢な資金がなければ、やってはいけない取引方法といえるからです。

そのため資金管理するのが、難しくおすすめしません。もし、このマーチンゲールを利用した取引をする場合は溶けても大丈夫なだけの資金を集めておくのがおすすめです。

バイナリーオプションに最適な資金管理

資金管理はこれで最適化しよう

資金管理を怠る人に多い3つの特徴に対する簡単な対策は記述しましたがそれ以外にもバイナリーオプションにおける資金管理の最適な方法がありますので紹介します。

取引は最も長い時間、最も少ない金額で行う

始めのうちは最長時間、最低取引額が鉄則!

資金管理ができていない場合、テクニカル分析による攻略が上手くできていない、そもそも分析を行っていないということが推測されます。

バイナリーオプションでトレーダーデビューして最初の取引から上手くテクニカル分析を活用することは難しいでしょう。

しかし、だからといって多額の投資金や直感的な方法で取引するような無謀な行為は避けなければなりません。

そうなれば取引時間や投資額のハードルを下げるしかないのです。

まず取引時間を延ばせば判定時刻までの時間に余裕ができますので分析する時間も設けられます。

さらに投資額を少なくすれば損失を出したときのストレスを軽減することができます。

このように取引の難易度を下げたり精神的な負荷を軽くすることで次回の取引を冷静な判断で乗り切る事ができます。

1日で利用できる資金は少なすぎる金額を設定する

この項目は前項と被る部分がありますが、バイナリーオプションにおいて最も精神的な負荷がかかるのは資金が減少するとき、あるいは無くなるときです。

そのためバイナリーオプションで投資する資金総額から日割りで計算して、それから可能な限り金額を落とす方法でバイナリーオプションに利用できる1日の予算を決定しましょう。

くれぐれも1日の予算をオーバーしないように注意しておいてください。

取引設定は一定期間、様子を見てから変更を検討する

ルールの変更は一定期間様子を見てから

バイナリーオプションは奥は深くとも取引の手順は単純なものです。

そのため時間に初心者でも驚くほど直ぐに取引にエントリーできます。

しかし、この単純な取引には落とし穴があります。

それは次々に取引してしまうことです。

そのため十分な回数取引をしていないにも拘らず取引の設定を変えてしまうのです。

バイナリーオプションは取引時間によってレートの動きも変わりますので攻略の仕方も変わります。

つまり取引設定、特に取引時間は好き勝手に変更しない方が良い結果を生みやすいといえます。

損失が出たらその日の取引は中止する

バイナリーオプションにおいて損失は大敵です。

経験の有無にかかわらず損失は必ず発生しますが特に初心者の方は損失を発生させる回数が多くなるはずです。

ですがそれを乗り越えないことには打開策を見出すことはできません。

ではどうするかというと、一度の損失から多くのことを学べば効率よく勝率を引き上げることも出来るでしょう。

つまり同じ損失でも質の良い損失にするということです。

そのために、一度でも損失を出したときはその日の取引は中止しましょう。

一見すると取引に対して消極的に感じますが右も左も分からないうちはこのぐらい神経質でちょうど良いかと思います。

エクセルで資金管理をする

資金管理をする上でエクセルはすごく便利なツールです。

エクセルで管理することで、その日のバイナリーオプションでの勝率や、収支、赤字をグラフで分かりやすくまとめることが出来ます。

最近では、無料で利用できるオープンオフィスなどのエクセルも利用できますので、資産を徹底管理する為にも、一度利用してみて下さい。

まとめ

ここまでバイナリーオプションの資金管理に関する解説を行ってきました。

資金管理には注意してもし過ぎることはありませんが、間違えると思っているよりも早く資金が底をついてしまいます。

特にバイナリーオプションはFXや株と違い損失が限定されているだけあって次々に取引をしてしまう方が目立っているのが現状です。

そうならないためにも、早めに問題点を見つけ出して改善していく必要があるのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です