ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプションの税金に関する疑問を徹底解消!

更新日:

バイナリーオプションで必要となる税金に関する情報を解説

バイナリーオプションで稼いだお金には、どれくらいの税金がかかるのでしょうか利益が出始めると考えてしまうのは税金です。

自分の現在の状況ならばどれくらい税金が徴収され、どのように報告すれば良いのか、初めてならば分からないことだらけで当たり前ではないでしょうか。

今回の記事では、バイナリーオプションで稼いだお金の、税金に関する悩みを解説していきます。

国内、海外バイナリーオプションの税金について

税金の計算方法は国内と海外で変わってくる

一番怖いのは、分からないまま放っておいて脱税と処理されてしまうこと、大人が「税金について分からなかった」という言い訳をするのは本当に情けない話です。

入金したり出金したりを繰り返していると、自分がどれだけ稼げているのかを見失ってしまうこともあるようですが、プラスの収支かどうかは、しっかりと把握しなくてはいけません。

自分の現在の手法が正しいのか誤っているのかを判断するためにも、必要なことです。

税金はバイナリーオプションで取引した結果の、損益総額によって決定します。

バイナリーオプションで収益を上げるためにも、年間の損益総額は常に意識していなければいけません。

そのうえで税金のかかり方について知る事が大切です。

次に大事な点は、利用しているバイナリーオプション業者は国内業者か海外業者かを把握しておく事です。

実は国内業者と海外業者で得た利益に対し、かかる税率が2012年以降変更されました。

もう少し具体的に書くと国内業者は税率が一律、海外業者は変動するということになります。

まずはどのような違いがあるかを更に具体的に確認していきましょう。

国内業者を利用した場合の税金

国内バイナリーオプション業者を利用した場合は「申告分離課税方式」が適用となります。

簡単に説明すると他の所得とは別に税額を計算、確定申告を行い納税をする課税方式です。

他の所得で得た収益はそちらで税金計算し、国内バイナリーオプション業者を利用して得た利益でと別に税計算をすることになります。

それでは国内バイナリーオプション業者を利用した場合の税率はいくつになるでしょうか。

国内業者の税率
所得税(15%)+住民税(5%)+復興特別所得税(0.315%)=20.315%

これが国内バイナリーオプション業者にかかる税率になります。

しかもどれだけ利益が出たとしてもこの税率は一律で、変動することはありません。

いくら稼いでも変わらず20.135%が適用されます。

さらに国内バイナリーオプション業者の場合は、3年間の損失繰越しを行える優遇処置があるのです。

例えば、

  • 1年目は不慣れのため100万円の損失でした
  • 2年目は慣れてきた結果、何とかプラスマイナス0になりました
  • 3年目に10万円をかけセミナーなどに参加、結果躍動し100万円の利益を達成しました

3年間でこのような状況が生じた場合、国内のバイナリーオプション業者を利用していたときの税額はどうなるでしょうか。

普通に考えれば1・2年目は税金はかからず3年目に「利益100万円-経費10万円=課税所得90万円」よって税額は「課税所得90万円×税率20.135%=税額181,215円」という計算になります。

ただ国内バイナリーオプション業者には先ほど話した、3年間の損失繰越しという優遇処置があります。

つまり1年目に発生した100万円の損失は、3年目の経費に加算しても良いという優遇処置です。

その結果、税所得90万円はなくなることになるので、3年目の国内バイナリーオプション業者による税額は0円となってしまいます。

また、まだ-10万円の損失があるので、4年目の計算に-10万円を入れられると考えるかもしれませんが、4年前の損失に当たるので、以降は計算に含めることはできません。

さらにマイナスだからと言って1年目に確定申告を行っていないと、損失繰越しを含むことができなくなります。

国内バイナリーオプション業者を利用する場合は、念のため損失でも確定申告を行うようにしましょう。

それでは海外バイナリーオプション業者を利用した場合はどのような計算になるのでしょうか。

海外業者を利用した場合の税金

海外バイナリーオプション業者を利用した場合は「総合課税」が適用されます。

簡単に説明すると、すべての所得額との合計により、税額を計算する課税方法となるのです。

総合課税の対象となる所得の種類は「利子所得」「配当所得」「不動産書所得」「事業所得」「給与所得」「譲渡所得」「一時所得」「雑所得」となり、海外バイナリーオプション業者で得た所得は雑所得にあたります。

つまり普通にサラリーマンとして貰った給料に加算され、税金がかかってくるということです。

国内バイナリーオプション業者で得た計算は単体でできるので簡単でした。

対する海外は、利益が給料で得た利益に加算された結果の所得合計に応じ、課税率が変動しますので計算は少々大変です。

海外バイナリーオプション業者を利用した場合の税額合計は

海外業者の税率
  • 「所得税(課税される所得金額×税率-控除額)」
  • 「復興特別所得税(所得税×2.1%)」
  • 「住民税(課税債される所得金額×市区町村6%+都道府県4%+均等割(自治体ごとに違う)-調整控除額」

以上の合計

になります。

正直、海外バイナリーオプション業者になると、様々な項目が合算になることから簡単に税額を計算することができません。

控除額なども所得に応じ上限が決められているだけで、満額が控除されるという訳ではないのです。

つまり給与所得に応じて所得税率は変動しますので、国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者のどちらが税金でお得かは一概には言えません。

状況に応じて変わってくるという事だけ理解しておいてください。

ただ3年目の経費に加算しても良いという優遇処置を国内バイナリーオプション業者で受けた場合は、海外バイナリーオプション業者より税額は安くなるはずです。

バイナリーオプションの税金がかかる人、かからない人

税金がかかる人税金がかからない人違いは?

バイナリーオプションを利用して収益があったからと言って、すべての方が税金の計算をしないといけないことはありません。

もちろん金額や状況に応じ、一定の利益を得なければ税金はかかってこないことになります。

そのため確定申告をしなくとも良いケースがあるという訳です。

会社員の場合で年間利益が20万円

会社員の場合、勤め先で年末調整を行っていることから次の人は確定申告を行う必要がありません。

税金がかからない方
  • バイナリーオプションの利益が20万円以下
  • 給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円以下
  • 年間の給与所得が2,000万円以下

以上の場合は確定申告を行う必要が無くなります。

つまりバイナリーオプションで得た利益を報告しなくても良い、税金がかからないということです。

ただ、国内バイナリーオプション業者を利用している場合で、マイナスの場合は3年間の損失繰越しを行える優遇処置があるので、確定申告を念のため行うようにしましょう。

被扶養者で年間利益が38万円以下

被扶養者のバイナリーオプションでの年間利益が38万円を超えてしまうと、税法上の扶養家族ではなくなります。

あくまで税法上の被扶養者であって、健康保険上ではありませんので誤解はしないでください。

バイナリーオプションの利益が38万円を超えると、確定申告を行う必要があるのです。

さらに38万円を超えていなくともパートを行っており、合計の収入が103万円を超えてしまうと、所得税が発生してきます。

この点は十分に注意するようにしましょう。

税金がかかる人、かからない人の注意点

ここまで〇〇円以下という説明をしてきましたが、これはすべて利益での金額になります。

利益とは収益から費用を引いた金額のこと、つまり費用がかさめば利益を落とすことができるのです。

そのことから色々と費用をプラスにしようと頑張る人もいますが、すべてが認めらるとは限りません。

費用として認められる可能性があるものは以下の通りです。あくまで参考程度ということに留意してください。

費用として認められる可能性があるもの
  • 通信費の一部(電話代や電気代、プロバイダー料金など)
  • 新聞や図書
  • PCなどの購入
  • セミナー受講料(交通費含む)
  • 手数料(振込など)

これらは領収証や支払った証明ができれば経費として計上できる可能性があります。

ただ中には「バイナリーオプションの話合いをするための食事代」など、無理やり経費とする人もいるようですが、あまりにひどい場合だと注意を受けるようです。

そのためギリギリだった利益がオーバーするという事態も考えれらます。

あまり無茶な経費を計上しないように注意してください。

また、国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者の2か所を利用している人は、振り込んだお金の扱いが別になる点に注意しましょう。

国内バイナリーオプションで50万円の利益があったけど海外バイナリーオプション業者で50万円の損失、プラスマイナス0で確定申告しなくても良いという考えは間違いです。

海外バイナリーオプション業者は雑所得の項目で計上します。

雑所得で赤字が出た場合は、他の所得とは損益通算ができない決まりとなっているので、勘違いしないようにしましょう。

バイナリーオプションの税金をパターン別に解説

バイナリーオプションの税金をパターン別に解説

それではパターン別にバイナリーオプションを行った場合の税金を確認していきましょう。

自分に当てはまる立場から確認してみてください。

サラリーマンのケース

サラリーマンがバイナリーオプションを行い20万円以上の利益が出れば、確定申告を行う必要があります。

またその他の副業を行っている人が、年間を通し累計20万円以上の利益があれば、確定申告が必要です。

その場合税率は、国内バイナリーオプション業者なら20.315%、海外バイナリーオプション業者なら5%~45%となるのです。

主婦のケース

バイナリーオプションの利益が38万円を超えると税金がかかってきます。

さらにパートをされている人で「パート収入+バイナリーオプションの利益(38万円以下)=103万円を超えた場合も確定申告が必要となるのです。

余談ににはなりますが130万円を超えると社会保険料を支払うことになります。

万が一ギリギリ130万円を超えたとなると支払うお金も増えてきますので、このあたりも十分注意しておきましょう。

個人事業主等のケース

個人事業主やフリーランスなど、自営業者の人は、バイナリーオプションで得た利益が年間38万円を超えると確定申告が必要となります。

今まで上げてきたケースは国内バイナリーオプション業者、海外バイナリーオプション業者どちで得た利益でも一緒です。

どちらで得た利益だとしても確定申告が必要となります。

バイナリーオプションの税金を払う方法

確定申告と納税の方法を確認しておきましょう

バイナリーオプションで得た利益が、非課税対象の上限を超えていた場合は、確定申告を行い税金を支払うことになります。

1月1日から12月31日までの金額が超えていないかを確認し、確定申告を行うようにしましょう。

またその際に多くの人が迷われる点が、どの時点が利益なの?ということです。

バイナリーオプション口座から出金依頼を行い通帳に入金されたときが、利益と考える人もいるようですがこれは間違いです。

バイナリーオプションで税金を計算する際の利益の考え方は、バイナリーオプションで取引が終了し各バイナリーオプション業者の口座に払い戻しが行われた時点です。

つまり、出金せずともバイナリーオプションの口座にあれば利益と考えることになるのです。

そのために必要なのが「年間取引の損益換算書」です。

これは利用しているバイナリーオプション業者のサイトから簡単にダウンロードすることができます。

確定申告に必要な書類となりますので、ダウンロードして準備しておくようにしましょう。

これにより確認した利益が超えていれば3月15日までに確定申告を行う必要があるという訳です。

確定申告は以下のいずれかの方法で行いましょう。

確定申告の方法
  • 確定申告書を作成し税務署か確定申告会場で提出する
  • 確定申告書を作成して税務署に郵送する
  • e-Taxを利用した電子申告をする

もし初めてでよく分からないのならば、確定申告会場で行うと教えてもらえますが、その際には必要書類を忘れずに持っていくようにしましょう。

必要な書類は以下の通りです。

確定申告に必要な書類
  • 確定申告書(税務署に取りに行くかインターネットからダウンロード)
  • 源泉徴収票(年末調整を行った人)
  • 年間取引の損益換算書
  • 所得控除や税額控除の証明書
  • 利用した経費の証明や計算に必要なもと
  • 印鑑

納税方法は以下の3種類から選んで納税することができます。

納税方法
  • 口座振替
  • 現金の納付
  • e-Taxで納付

納税は口座振替を選ぶ人が多いと思いますので残高不足に注意しましょう。

納税は国民の3大義務の一つです。

ついうっかりという言い訳は聞きませんので自分自身で注意するようにしましょう。

もし分からなければ税理士などの専門家に相談し、違法のない納税を行うようにしてください。

まとめ

ここまでバイナリーオプションと税金の関係について解説してきました。

バイナリーオプションは利益によっては納税する義務があること、利用するバイナリーオプションで納税額は変動することが分かっていただけたと思います。

利益によっては納税する必要はありませんが、利益を増やすために日々投資しているのならいずれは納税する必要が出てくるかもしれません。

その時になって慌てなくても良いように予め計算方法や納税方法をしっかりと確認しておきましょう。

バイナリーオプションのデモトレードを試して見よう

バイナリーオプションのデモ

バイナリーオプションのデモ取引は、初心者の方や、攻略方を探りたい方に、おすすめのサービスとなりますので、デモトレードが利用できる業者で、早速実践してみませんか?

バイナリーオプションのデモ

管理人おすすめの海外業者3選

おすすめの海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプション業者の中でも、管理人がオススメする業者をランキング3位で紹介している記事です。これからバイナリーオプションを始める方も是非、参考にして欲しい記事となります

おすすめの海外バイナリーオプション

管理人おすすめのバイナリーオプション業者3選

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは業界でも知らない人はいない、老舗の大手バイナリーオプション業者。バイナリーオプション業者選びに迷ったら、ハイローオーストラリアで間違い無いでしょう。

収益額 +2,010,200円
業者名ハイローオーストラリア
口座開設メールアドレス登録・本人確認書類の提出
最小入金額5,000円
最小投資額1,000円

ザ・バイナリー(THEバイナリー)

ザ・バイナリー(THEバイナリー)

ザ・バイナリーは最低投資額が業界一の低額設定となっており、メールアドレス登録ですぐに始められるので、気軽に挑戦できるバイナリーオプション業者だといえます。今最も口座開設者数が増えている人気バイナリーオプション業者です。

収益額 +1,591,400円
業者名ザ・バイナリー(THEバイナリー)
口座開設メールアドレス登録
最小入金額10,000円
最小投資額100円

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズオプション

ファイブスターズマーケッツは初回デポジット金額が1万円からと、業界でも手頃な金額設定で知られており、資金に自信のない初心者にもはじめやすい環境となっています。出金速度も業界一で優れたサポート体制にも注目です。

収益額 +805,300円
業者名ファイブスターズマーケッツ
口座開設メールアドレス登録
最小入金額10,000円
最小投資額500円

コメントを残す

サブコンテンツ