バイナリーオプション基礎

バイナリーオプションを海外と国内で比べてみた

海外と国内利用するならどっち?

バイナリーオプションには大きく分けて海外と国内に分けることができます。

もちろん、海外も国内も同じバイナリーオプションなのですが詳しく内容を見ていくとこの2つには大きな違いがあります。

代表的な事であれば

  • 海外バイナリーオプションは稼ぎやすい
  • 国内バイナリーオプションは安全

といったことが言われています。

しかし両者の違いはこれだけではありません。

バイナリーオプションを始めるからにはより安全により多くの利益を獲得したいと考えているはずです。

ここではそんな海外と国内を徹底的に比べた結果を紹介し解説していきます。

  • 取引以外にも注意するこがあるのか
  • どこに注目して選べば良いのかわからない
  • 海外と国内では結局どちらがいいの?

といった疑問を解消できると思いますので参考にしてください。

スズキのアイコン
スズキ

海外と国内を比べるとそれぞれのメリットやデメリットがよく分かります。手っ取り早く表から見ていきましょう。

バイナリーオプションの海外と国内の定義

バイナリーオプション海外と国内の定義

バイナリーオプションには海外の業者と国内の業者がありますがこれは明確な定義があるわけではなく一般的な定義という意味で解説します。

海外バイナリーオプション

拠点が海外にあるバイナリーオプション業者のことを指します。

そのため国内規制の影響は受けず拠点のあるのルールに則った運営を行います。

国内バイナリーオプション

拠点が国内にあるバイナリーオプション業者のことを指します。

そのため国内規制の影響を受けます。

バイナリーオプションは海外と国内でどう違うのか?

表で全部、丸わかり

海外国内
口座開設
最低入金額
最低取引額
ペイアウト率
取引時間
稼ぎやすさ
マルチプラットフォーム
リスク
税金
安全面

早速ですが、バイナリーオプションを海外と国内で比べた結果は上記のようになりました。

海外と国内を比べた結果は海外のバイナリーオプションが優れているということになります。

海外と比べて国内が致命的と言えるのは口座開設の難易度と取引時間の長さです。

比べると海外が個人情報の登録と本人確認が必要となり取引は最短30秒からはじめられるのに対して国内は個人情報の登録と本人確認に加え、知識確認テストが必要となり取引時間も最短2時間という長時間からしか始めることができません。

特に国内における知識確認テストの難易度はこれからバイナリーオプションをはじめたい方からすれば比較的高めに設定されています。

それぞれを比べた点を次項から更に詳しく見ていきましょう。

海外と国内のバイナリーオプションはなぜ違うのか

海外と国内の違いとは

前述した通り

  • 海外バイナリーオプションは稼ぎやすい
  • 国内バイナリーオプションは安全

ということを言いましたが元々はどちらにもそれほどの差異はありませんでした。

そのため少し前までは国内の利用者も非常に多かったのです。

しかし2013年11月、国内の業者は金融庁から規制をかけられたために海外ほどの自由度がなくなってしまい利益が遠ざかってしまったのです。そのため上記の表のように明らかな違いが生まれてしまいました。

特にルール変更の影響は大きく、その取引内容はFXと、ほぼ変わらない内容になってしまいバイナリーオプションとは名ばかりの投資となってしまいました。

今となってはバイナリーオプションをはじめたい方や興味を持っている方の多くが国内ではなく海外のバイナリーオプションに関心を示しているのが実情です。

海外バイナリーオプションの取引方法

海外で取引する場合

海外バイナリーオプションの取引方法は次のようになっています。

  • 指定した取引時間後(30秒後、1分後など)のレートが購入価格より高くなっているか低くなっているかを予測する。
  • 予測が的中すればペイアウト率(固定)に沿った払い戻し。
  • 予測が外れれば投資額全額没収。

取引時間を指定出来るので都合に合わせやすい特徴があります。

国内バイナリーオプションの取引方法

国内で取引する場合

国内バイナリーオプションの取引方法は次のようになっています。

  • 判定時刻後のレートが購入価格より高くなっているか低くなっているかを予測する。
  • 予測が的中すればペイアウト率(変動)に沿った払い戻し。
  • 予測が外れれば投資額全額没収。

判定時刻の選択はできません。基本的に開始時刻から2時間後が判定時刻となります。

ただし、判定時刻の2分前まで購入することができます。

更にペイアウト率は価格に応じて変動します。

具体的には、購入価格からの値幅が大きければ高く、小さければ低くなる設定担っています。

つまり国内バイナリーオプションの取引がFXと差異がないと感じてしまう最大の理由は、値幅に応じて変動するペイアウト率にあるといえます。

バイナリーオプションの取引回数と制限について

判定時刻には大きな違いが・・・

取引方法で説明したとおり比べると判定時刻に大きな違いがあります。その具体的な内容を見ていきましょう。

海外バイナリーオプション

取引時間は選択する業者によって大きく異なりますが、いずれの業者でも最短30秒の取引や1分、3分の取引には対応しています。

国内バイナリーオプション

国内は規制の影響を受ける為、海外のように30秒、1分などの短期取引には対応していません。

前述したとおり、最短2時間の取引となります。

さらに1日の取引回数も最大12回に制限されます。

バイナリーオプションのペイアウト率について

ペイアウト率は固定と変動に分かれる

ペイアウト率に関しても比べたとおり違いがあります。稼ぎに直接関わる項目なのでよく確認しておきましょう。

海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプションにおけるペイアウト率は固定なので取引前に選択したペイアウト率がそのまま払い戻しに影響します。

変動しないため利益が少なくなる心配はありませんが極端な稼ぎ方はできないとも言えます。

国内バイナリーオプション

国内バイナリーオプションは取引中にペイアウト率が大きく変動します。

そのため場合によっては海外バイナリーオプションの何倍もの利益を一度の取引で手にすることができますが場合によっては、ほぼ利益ゼロの取引になることもあるため2時間という時間を浪費する可能性があります。

バイナリーオプションの商品について

通貨ペアにもそれぞれ特徴がある

海外と国内で比べると商品である通貨ペアにも大きな違いがあります。

通貨ペアによってレートは変わりますので重要な項目です。

海外バイナリーオプション

大抵の場合、平均15通貨ペア用意していることが多いようです。

場合によっては金、株価指数などのCFD商品でも取引することができます。

国内バイナリーオプション

こちらは、平均5通貨ペアといったところです。

さらに、そのほとんどが日本円との通貨ペアです。

バイナリーオプションは海外の方が稼ぎやすい

ガッツリ稼ぐなら海外バイナリーオプション

では国内と比べてなぜ海外の方がバイナリーオプションは稼ぎやすいのかということをもう少し掘り下げてみましょう。

稼ぎやすいと言われる最大の理由は

  • 口座開設が簡単にできる
  • 極めて少額から取引できる
  • ルールは基本的に二者択一

といったことが挙げられます。

特に二者択一を繰り返すだけで良いというのはバイナリーオプションの最たる特徴とも言えるのですがこれが許されていないのが国内バイナリーオプションなのです。

国内バイナリーオプションのルールの内容は規制後、ほぼFXと代わり映えしない内容となってしまっています。

さらに海外バイナリーオプションは利用するバイナリーオプション業者によっては独自の機能を実装しているため取引の難易度は更に低くなるということになります。

安全面は国内のバイナリーオプションが優れている?

安全面は国内が優秀ってほんと?

それぞれのバイナリーオプションを比べてみると安全面においては国内が優れていると言えるかもしれません。

これは金融庁への届け出が必須となっているからです。

つまり金融庁から認められたバイナリーオプションだけが営業することが出来るということになります。

一方で海外を見てみると営業するために日本の金融庁への届け出は必要ありません。

そのため国内と比べるとどうしても劣ってしまいます。

しかし心配はいりません。

比べた結果がどうであれ海外でもその国々のライセンスを保有している業者もいるので信頼できる業者は存在します。

仮にライセンスが無くとも当サイトで紹介しているバイナリーオプション業者は全て安全面に配慮されたバイナリーオプション業者のため評判のよくわからない業者と比較すれば断然、安全に利用できます。

海外と国内のバイナリーオプションを比べると税金にも違いがあるのはなぜ?

違いはバイナリーオプションの内容だけじゃない

比べた結果、税金にも違いがあることが分かりました。評価はどちらも同じでしたがこれはケース・バイ・ケースである事が多いためです。

まず海外のバイナリーオプションは総合課税という方式で課税されます。

これは簡単にいうと金額に応じて税率が変動するということになります。

どのように変動するかというと利益が少なければ税率も低くなり、逆に利益が多ければ税率も高くなるといった具合です。

対して国内のバイナリーオプションは申告分離課税という方式で課税されます。

この場合、税率が一律となるためどれだけ利益を出しても同じ税率で計算されます。

ここで思い出してもらいたいのは比べた結果、国内が稼ぎにくいということです。

つまり利益が少ない投資家は多額の利益を稼ぐ投資家と比べて税金面でも損してしまいます。

海外と国内のバイナリーオプションを比べるときのポイント

比べるなら稼ぎやすさと安全面は大事

それぞれを比べる場合まずは何に重点を置くのかを考えましょう。

比べたときに気になる点はいくつかありますがやはり稼ぎやすさと安全面を比べるポイントとすべきです。

バイナリーオプションは投資なので利益を獲得するのが最大の目的です。そのため稼ぎやすさはその利益を左右する最大のポイントと言えます。

そして得た利益を引き出す事ができなければバイナリーオプションを利用している意味がありません。せっかくのお金と時間が水の泡となってしまいます。そのため安全面に配慮することも忘れてはいけないのです。

そして前述したとおりこれらの条件を満たしているのが海外のバイナリーオプションとなります。

しかし海外のバイナリーオプションも少し前までは悪質な業者が後をたちませんでした。

ところが近年はそのような業者も影を潜め淘汰されたといえます。

そのため比べた結果、バイナリーオプションは海外が一番良いと言えるのです。

日本での利用者は大半が海外バイナリーオプション

海外利用者が圧倒的に多いのはなぜ?

バイナリーオプションの利用者を比べてみるとその大半が海外を利用している事がわかりました。

これはやはり稼ぎやすさに重点を置いている利用者が多いということになります。

バイナリーオプションは二者択一になるためなんの準備をせずとも勝率50%になる投資です。

そのため早ければ利用を開始した日から大きな利益を手にすることが可能になります。

これが海外を利用したときの最大のメリットと言えるでしょう。

日本でもテレビで紹介されたこともあり今でも多くの人気を集めています。

機能面においても更に利用者を増やすべく多くのバイナリーオプション業者が機能拡充に力を入れています。

日本における利用者を比べた結果から日本における信頼は非常に高いといっても過言ではありません。

バイナリーオプションのリスク

バイナリーオプションとリスクの関係

バイナリーオプションは他の投資と比べてリスクが低い投資と言われています。

それは損失が投資額を上回ることがないからです。

つまり投資額を少なくしてしまえば自ずと損失がコントロールされるのです。

その分、利益は少なくなってしまいますがそこは経験に応じて引き上げていけばいいだけの話なので難しい事はありません。

これがバイナリーオプションが人気がある投資になった理由の一つといえます。

ですがこの簡単さに甘えて資金管理を怠らないように注意しておきましょう。損失がコントロール出来るといえども予測が外れてしまうと損失は発生してしまうわけですから一日に利用する資金をどれくらいにするかよく計画を立てておきましょう。

バイナリーオプションで被害者にならないために

バイナリーオプションに潜んでいる罠

バイナリーオプションは優良業者を利用することで無駄な損失をおさえることができます。

しかし優良業者がいるということは悪質な業者もいるということです。

今となっては少なくなっていますがあの手この手で資金を搾取しようと目論んでいます。

その手法として有名なのはSNSやブログを介した勧誘です。

特にSNSは直接やり取りを行うように誘導してきますので話に乗らないように注意しなければなりません。

次に有効な手段は事前にネットでバイナリーオプションに対する情報を調べておくことです。

これは防止策として簡単で有効な手段です。真偽は別としても詐欺に関する情報が入ってくれば本能的に危機回避を行うものですので自然に注意するようになります。

悪質な業者や人間の被害に遭わないためにまずは簡単にできることから始めていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です