ハイローオーストラリア
速報

バイナリーオプションで生計を立てるときに知っておきたいこと

バイナリーオプションで生計を立てる方法

更新日:

バイナリーオプションは、予想を当てれば高額の収入も得られる取引です。金額次第では、生計を立てることも十分に可能です。

これからバイナリーオプションの取引を始める予定があるという方の中には、成功次第では専業になることを考えている人もいることでしょう。

ただ、バイナリーオプションだけで生計を立てることは非常に難しいです。今回は本気で専業になることを考えている人を対象に、バイナリーオプションで生計を立てる上で知っておきたい事を解説します。

バイナリーオプションのリスクを理解しておく

バイナリーオプションはパソコンでの取引が推奨

今の時代、大企業の正社員だからといって必ずしも安泰とは限りません。年功序列が崩壊しつつある昨今、特定の企業で長年働いたとしても、給料がアップするとは限りません。

現在の年収が低いというのであれば、このままずっと退職するまで低いままである可能性すらあります。短期間で高収入を稼げるバイナリーオプションは、そんな収入で悩んでいる方にとって、非常に魅力的な取引です。

しかし、仕事の傍らで副業としてバイナリーオプションをする場合と、バイナリーオプション一本で生計を立てるのでは、リスクがまったく違います。

仕事を辞めてバイナリーオプション一本で稼ぐ専業になると、様々なリスクが生じます。

金銭面のリスク

そのリスクというと、まず金銭のリスクがあります。

仕事を辞めるということは、安定した収入源が無くなることを意味します。今後はバイナリーオプションだけで生計を立てなければならず、もしも取引に失敗すると、暮らすのに支障が出る恐れがあります。

社会的信用のリスク

次に、社会的信用のリスクがあります。

バイナリーオプションの専業とは、言い換えると無職です。いくら収入があるからといって、仕事をしていないことに違いはありません。

社会的な信用が低いので、クレジットカードを作ることが困難になります。さらに住宅ローンの審査も通り難く、家を買いたくてもローンを組むことが難しくなるでしょう。

人間関係に対するリスク

そして、バイナリーオプションの専業になると、人間関係が疎遠になるというリスクがあります。

仕事をしている時は、職場の人とコミュニケーションを取ることで、人間関係を構築することができました。

しかし、バイナリーオプションの専業になると、今まで通りの人間関係を構築することはできません。

バイナリーオプションの専業になると、孤独感に苛まれやすいです。一人で作業することに慣れていないという方からすると、バイナリーオプションの専業はなかなか辛いでしょう。

以上のようにバイナリーオプションには金銭以外にも、社会的信用が低くなる、孤独になる、などのリスクがあるので注意してください。

バイナリーオプションに備えて貯金しておく

バイナリーオプションのために少額でも貯金しておこう

バイナリーオプションで生計を立てようと思うのであれば、まずは資金が必要です。貯金がないのであれば、バイナリーオプションで生計を立てることは控えた方が良いでしょう。生計を立てられるだけの見通しが立てらるだけの貯金が貯まるまで、仕事は継続するべきです。

ではバイナリーオプションで生計を立てるとして、貯金はいくらあれば良いのでしょうか?

バイナリーオプションで生計を立てる場合、どのくらいのお金を稼ぐ予定なのかで、必要となる資金も変わってきます。

仮に利回り20%の取引ができる人の場合、毎年300万円以上欲しいなら、1500万円以上の資金が必要になります。

利益率が20%の取引を実践できるのであれば、1500万円の資金を元手に取引をすることで、毎年300万円以上の利益を稼げます。

ですが、残念なことに1500万円設けても、生涯に渡って生計を立てることは出来ません。なぜなら、この1500万円は取引用の自己資金であって、貯金ではないからです。

なので、専業になるならば、取引用の自己資金とは別に、安定的に暮らせるほどの金額(500万円ほどあれば良いと言われています)を用意する必要があります。

とうのも、500万円あれば、仮に1年にわたって取引が上手くいかず、利益が出なかったとしても、貯金だけで暮らすことができるからです。

以上のことから、利益率20%の人がバイナリーオプションで生計を立てるなら、1500万円の取引用の資金と、500万円の暮らしに必要な貯金を合わせて、2000万円はあった方が良いことになります。

最適な環境を整える

バイナリーオプションはパソコンでの取引が推奨

バイナリーオプションは、ネット環境さえ整っていれば、基本的にどこでもやれます。では、喫茶店や図書館、ネットカフェでも良いのかというと、そのような事はありません。

むしろ生計を立てる予定があるならば、誰にも邪魔されずに取引に集中できる環境を整えるべきでしょう。

例えばインターネット回線。ネット環境が悪い場所で取引をすると、いざエントリーをしたいという時に接続不良でネットにアクセスできず、取引できなかったという事態が起こるリスクがあります。

そのようなトラブルを避けるためにも、光回線のような安定した接続環境を期待できるネット回線を自宅に引いておくべきでしょう。

パソコンについても、動作不良などが無いように、常に最適なパフォーマンスを発揮できるハイスペックなパソコンを準備しておきましょう。

ネット環境に加えて、深夜まで一人で集中して取引できる部屋などもあった方が良いです。

というのも、バイナリーオプションは稼げる時間帯とそうでない時間帯があるからです。特に昼日中は、まだ海外勢が取引に参加していないということもあってか相場が停滞しやすく、稼ぎ難いです。

バイナリーオプションで稼ぎやすい時間帯というと、欧米勢が取引に参加する21時以降からとなります。

21時以降というと、深夜です。流石にこの時間帯に喫茶店や図書館を利用することはできないでしょう。深夜帯に取引をすることを想定して、夜中まで邪魔されずに取引できる部屋があった方が良いです。

誰にも邪魔されずに取引できる環境を用意しておくことで、専業としての活動がやりやすくなります。

細かな計画を立てておく

バイナリーオプションは計画的に!

バイナリーオプションで生計を立てる予定なら、大雑把なプランではいけません。必ず短期視点の細かい計画を立てておきましょう。

バイナリーオプションは、たとえプロでも勝率100%は不可能です。良くて6割から8割といったところでしょう。

毎日取引をしていれば、時には負けることがあります。しかし、たとえ負けたとしても、最終的に利益が出ているというのであれば問題はないのです。

バイナリーオプションで生計を立てるのであれば、一週間のうち何割が勝利であり、何割が負けだったのか、どのくらいの利益が出て、どのくらいの損失が出たのか、全ての取引データを細かくチェックしてください。

大雑把に計算し、何となく勝てているから大丈夫だろうと考えている人ほど、専業には向いていません。バイナリーオプションだけで生計を立てるつもりなら、全ての取引に精通できるように、細かく計画を立てましょう。

一年スパンで目指すべき利益はいくらなのか、一ヶ月スパンではいくらを目指すべきか、一週間ではいくら目指すべきかなのか、一日単位ではいくら目指すべきなのかなど、細かくスケジュールを組んでください。

細かく計画を立てると、現在は取引が上手くいっているのか、それとも失敗しているのかをすぐに把握することができます。

計画と比べて利益が多いのであれば、取引に成功しているという証拠です。しかし、もしも計画と比べて利益が少ない、それどころか損失が増えているのであれば、早急に計画を練り直す必要があります。

バイナリーオプションで生計を立てる以上、失敗を放置することは絶対にやってはいけません。上手くいっていないのであればいっていないで、なぜ失敗しているのかの原因を早急に突き止め、解決する必要があります。

それができずに放置をすると、意味もなく時間を浪費し、最終的に資金が枯渇するところまで追い詰められる恐れがあります。

そのような事態を事前に避けるためにも、細かく計画を立て、そして計画通りに取引が上手くいっているのか、常にチェックしておきましょう。

細かく計画を立てることで、自分は現在上手くいっているのかを、客観的に把握することができます。自分を客観視し、非を認め、そして改善する、それはバイナリーオプションで生計を立てる上で必要な事です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です