ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの審査が通らないのはなぜか?

ハイローオーストラリアの審査に通らないときの理由と対策を解説

ハイローオーストラリアで審査があるのは、マネーロンダリングに使われることが無いように、身元がはっきりしている人にだけ利用してもらう為にあるそうです。

なので、ネットでは審査に通りにくいという噂もあるのですが、果たして本当なのでしょうか?

スムーズにハイローオーストラリアを利用する為にも、審査について詳しく調べてみました。

本記事で分かること
  1. 審査に必要な「書類」について
  2. ありがりな不備について

まずはハイローオーストラリアの審査に必要な書類を確認しよう

ハイローオーストラリア審査に必要な書類を揃えよう

ハイローオーストラリアの審査で必要な書類は「写真付本人確認書類」と「郵送物等」のみです。

ハイローオーストラリアの審査とボーナスに関する情報

ハイローオーストラリアの審査で必要な写真付本人確認書類に関しては、氏名、生年月日、現住所の全ての記入がある有効期限内のIDで文字を判読できる鮮明且つカラーの原本の画像であることが必須です。

ハイローオーストラリアの審査とボーナスに関する情報

ハイローオーストラリアの審査で必要な郵送物等に関しては、氏名、現住所、発行社名の記載のある紙媒体の郵送物、通信請求書、明細領収書(電子データや手紙、年賀状、宅配便伝票不可)が必要です。

たったこの2つの書類を用意するだけでハイローオーストラリアの審査が通るので、普通ならば、審査に関してそんなに悩みません。

ハイローオーストラリアの審査に通らない理由は?

ハイローオーストラリアの審査に通らない理由を考えよう

ではハイローオーストラリアで審査に通らない理由にはどのような理由があるのでしょうか。

以下に審査に通らない理由を列挙してみましたので該当するものがないか確認してみましょう。

該当する必要書類ではない

まず、考えられるのはハイローオーストラリア側に提出を求められている必要書類であるかどうかです。

当然ですが、要求された必要書類を提出できなければ審査に通ることはできません。

必要な書類を再度確認し、再審査してもらいましょう。

登録情報と相違がある

次は登録情報と相違があるということです。

登録した住所と違うなどがある場合は審査に通りません。

この理由で審査に通らない場合は今の住所に住民票を移しているかどうかが問題です。

実家から一人暮らしを始めたけど、住民票をまだ移していないという方はまず住民票を現住所へ移すようにしましょう。

また提出書類の氏名にも相違が内容に注意して下さい。

提出された画像が不鮮明

審査に通らない理由として最も多いのが画像が不鮮明という理由です。

画像の提出を行う際は単純に身分証等を撮影すれば良いわけではありません。

全体が鮮明に映るだけでなく身分証の上下左右にある程度の余白を設けて撮影しなければなりません。

また身分証を角度をつけて撮影すると審査に通りづらくなります。

身分証を撮影するときは身分証を真正面から撮影するのがおすすめです。

多重になっている

ハイローオーストラリアでは多重の口座を持つことはできません。

これはハイローオーストラリアに限ったことではなく国内の証券会社でも同一人物による多重の開設を禁止しています。

ただし、多重の口座が仮登録の時点か審査に通ったあとのことなのかは明記されていません。

検証した結果としてはIDとパスワードを発行してもらった時点では問題がなさそうだったので必要書類の審査が通ってから再度新規口座開設することを多重の口座開設を呼称しています。

ハイローオーストラリアの審査で落とされることは殆どない

ハイローオーストラリアの審査で落とされることは殆どない
ハイローオーストラリアの審査で落とされることは殆どない

ハイローオーストラリアの審査に通るのかと悩んでいる人もいるかと思います。去年までは、審査時にいくつかのアンケートがありましたが、今では簡単に口座を作ることができるので、審査で落とされることはまずないでしょう。

ハイローオーストラリアの審査に関して、念のためサポートセンターに問い合わせてみたところ、次のような回答を頂きました。

「口座開設は18歳以上で、登録内容の確認できる公的機関発行の身分証明書のご提出をいただければ基本的にはどなたでも開設していただけます」

つまり、年齢と住所が確認できれば誰でも審査が通るということです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です