ハイローオーストラリア公式

ソニックオプション(sonicoption)のローソク足付きプラットホームを活用し取引攻略を行いました

ソニックオプションを攻略

ソニックオプション(sonicoption)ではSHORTやDRAW-OUTという短期取引の人気の高さで知られる海外バイナリーオプション業者です。

ソニックオプション(sonicoption)にはプラットホームにあらかじめローソク足付きチャートが配備されており、初心者の方にも初めから戦略的な取引が行えます。そのローソク足を取引攻略の為の分析に使い取引に挑戦しましたので紹介します。

ソニックオプション(sonicoption)のプラットホームのローソク足では1分足、5分足、10分足それぞれを閲覧でき、60秒、90秒、120秒、15分のそれぞれ異なる取引時間別に使い分けることができます。

ソニックオプション(sonicoption)のプラットホームのローソク足で分析開始

ソニックオプションを攻略

ソニックオプション(sonicoption)のローソク足チャートを見てみると直前のローソク足が十字架のような形で連続していることがわかります。この十字架の形のローソク足は”十字線”、”同時線”と呼ばれており、単発で出てきた場合でも相場が転換する可能性が出てきます
その十字線が4本も並んでいますね。相場の転換を考えるのはもちろん、何度も大きく下降しようとしているのに戻されているということに要注目で、この後のチャートは上昇していく傾向にあると分析できます。
しかしその後のチャートはわからないので、わたしは取引を早めに切り上げる為、短期取引にHIGHと予想して挑みます。さてチャートの動きはどうなっていくのか。

ソニックオプション(sonicoption)の評価まとめを紹介

ソニックオプション
評価第2位★★★★
業者名ソニックオプション
ペイアウト率1.80%
最低入金額20000円
最低取引額1000円
詳細情報
詳細情報

ソニックオプション(sonicoption)のチャートはローソク足の分析通り上昇

ソニックオプションを攻略

ソニックオプション(sonicoption)のローソク足チャートを見ていきます。先ほどの分析通りチャートは順調に上昇をはじめました。今回の取引はDRAW-OUTの120秒取引だったので、十字線の直後で取引が成功し、ペイアウト1.8倍、投資額を除いた利益が¥8,000になりました
そしてその後チャートは上昇した後また下降をはじめました。短期取引で早めに切り上げておいてよかったです。やはりあの十字線は傾向反転のサインだったようです。今回の分析も成功し、取引を制することができました。

ソニックオプション(sonicoption)はローソク足分析で短期取引に挑め

ソニックオプション(sonicoption)のローソク足を駆使し、相場の傾向を分析することで、取引を攻略することができました。ローソク足はFXのデイとレーダーの方達から非常に多様な分析方法が編み出されています。
わたしもその一部しか利用出来ていなく、いまだ発展途上です。みなさんも少しづつローソク足の攻略法を探りつつ、取引攻略に役立てていきましょう。

ソニックオプション(sonicoption)の評価まとめを紹介

ソニックオプション
評価第2位★★★★
業者名ソニックオプション
ペイアウト率1.80%
最低入金額20000円
最低取引額1000円
詳細情報
詳細情報

コメントを残す

サブコンテンツ