ハイローオーストラリア公式

バイナリーオプションでテクニカル分析を駆使して完全攻略

更新日:

バイナリーオプションをテクニカル分析で完全攻略

バイナリーオプションを完全攻略するために必要なものがあるのですがなにかわかりますか?それは、テクニカル分析です。

バイナリーオプションに限らず、投資で利益を出していくには、テクニカル分析の習得が必須になります。テクニカル分析といってもその種類はたくさんあり、どれを使えば完全攻略できるというものはありませんが、自分に合ったテクニカル分析を習得するのことは大切です。

今回はテクニカル分析の中でも基本的な移動平均線についてとテクニカル分析を習得して攻略していく上での心得について解説します。

テクニカル分析とは

バイナリーオプションでテクニカル分析の知識は必須

まず、テクニカル分析とはどのようなものかについて解説します。

テクニカル分析とは
MT4などのチャートソフトを使い、値動きがわかるローソク足に加えて、トレンド系、オシレーター系と呼ばれる分析ツールを使って相場を分析し、エントリーポイントを探っていく方法のことをいいます。

このテクニカル分析で使用する分析ツールは種類がたくさんあります。全てを覚えなければいけないかというとそんなことはなく、自分に合った分析ツールを見つけそれを磨いていけば攻略できます。

次の章では、テクニカル分析ツールの中でも最も基礎的で、多くの人が使っている移動平均線について解説します。

テクニカル分析でバイナリーオプションを攻略する準備

テクニカル分析で攻略する準備を進めよう

この章ではテクニカル分析の基礎である移動平均線について解説します。まずは、移動平均線とは何かについて説明すると、5日や20日など一定期間の平均価格を計算してそれを線でつないだものであり、これを確認することで現在の相場の方向性を客観的に知ることができるテクニカルツールです。

移動平均線を利用する

移動平均線でトレンドを分析しよう

価格の平均値がわかる移動平均線ですが、一般的に分析ツールとして使う際には、期間の違う移動平均線を複数本使って分析します。

期間の幅に対して短期・中期・長期と3つに分けてそれらの動きを見ながらエントリーポイントを探っていきます。

この3本の移動平均線を使う際にエントリーポイントとして注目する場面が、ゴールデンクロス、デッドクロスと呼ばれるものです。

これはどういう場面かというと、3つの移動平均線が交りあった部分のことで、この場面が出現すると相場の方向性が変わるため、そこをねらってエントリーしていくのです。

この他にもパーフェクトオーダーと呼ばれるものあり、パーフェクトオーダーとは、3つの移動平均線がひとつも交わることなく、同じ方向に向いている状態のことであり、この状態の時に移動平均線の方向に順張りという形でエントリーしていくのが一般的な方法です。

これらの方法を使いながらバイナリーオプションのエントリーポイントを絞っていくのが移動平均線の一般的な使い方です。

移動平均線は騙しに注意

移動平均線は常に正しいわけではない!

移動平均線は、テクニカルの基本として大切であり、テクニカル分析をしていく上で移動平均線を利用することは非常に有効な方法でもあります。

しかし、騙しも存在します。

騙しについて知らない方もいると思いますので、簡単に騙しについて説明します。

騙しとは
移動平均線を元にトレンドを正しく分析したにもかかわらず分析結果に反するトレンドとなること

つまり、いくら勝てるといわれる場面でエントリーしても必ず勝てるというわけではないということです。しかし、使えるテクニカル分析というのは、この騙しが少ないのも事実です。なので、どんなテクニカル分析にも騙しがあるのは事実ですが、減らすことや騙しに騙されないようにすることもできます。

その方法として有効的なのが、手法を極めることです。この手法を使ってバイナリーオプションで経験を重ねていけば、自然と騙しになりやすい部分などが分かるようになり、騙しにあいにくくなりますので、経験値を重ねてみてください。

移動平均線はオシレーター系指標と併用する

移動平均線は他の指標と併用するのが最適

移動平均線のようなテクニカル分析ツールのことをトレンド系テクニカルツールと言うのですが、もうひとつオシレーター系テクニカルツールと呼ばれるものがあります。

オシレーター系ツールは、トレンド系ツールをサポートする役目を持っているため、それと併用することでより、相場の方向性や状況を把握することができます。

例えば、RSIやストキャスティクスと呼ばれる相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを見極めるのに有効なオシレーター系ツールを使えば、移動平均線でパーフェクトオーダーなどが出ていて、エントリーしようと考えた際、騙しである可能性もあります。

そのようなときにオシレーター系のテクニカルツールを使用していれば、それを参考にダマシかどうかを確認でき、より手法の精度を上げることができます。なので、移動平均線を使う際は、オシレーター系指標を併用することをおすすめします。

以上が、移動平均線についての解説でした。移動平均線はテクニカル分析の中でも基本的でありながら、多くの人が使っているため、有効なツールであることがわかっていただけたと思います。さらに、移動平均線だけでなく、オシレーター系の指標を併用することでより精度を上げられることも解説しました。まずは、これらを使いバイナリーオプションを攻略してみてください。

テクニカル分析でバイナリーオプションを攻略!

準備ができたらどんどんテクニカル分析で攻略していこう

移動平均線について解説しました。テクニカル分析は、移動平均線以外にもたくさんの種類があります。トレンド系ツールであれば、一目均衡表・ボリンジャーバンド・水平線・エンベロープなどがあり、オシレーター系であれば、MACD・RCI・DMIなど様々なものが存在します。

しかし、これらの基本的な考え方は、移動平均線を元に考えられているツールですので、これらを習得する前に移動平均線についてしっかりと理解する必要があります。逆を言えば、移動平均線さえしっかりと理解しておけば、他のテクニカルツールを勉強する際に、スムーズに理解できるようになりますので、まずは、移動平均線をしっかりと自分のものにしましょう。

そのあと、いろいろなテクニカル分析ツールを習得して、自分なりに手法を編み出していくと自然と勝率の高い手法を確立することができますので、いろいろ試してみてください。

バイナリーオプションを攻略する際の心得

バイナリーオプションで非中央となる心得

ここでは、バイナリーオプションを攻略する上でテクニカル分析以外にも必要なことがあります。ここではテクニカル分析以外に必要な心得について説明します。どれも非常に大切なことですので、一つずつ丁寧にチェックしていきましょう。

海外バイナリーオプション業者を利用する

まずは、利用するバイナリーオプション業者です。

バイナリーオプションの業者は、大きく分けて国内業者と海外業者の2種類があります。

どちらを使えば良いのかというと、稼ぎやすさという面で考えるのであれば、海外業者です。理由は、取引時間が短いのとペイアウト率が高いことです。国内業者の場合、国による規制により取引時間や取引回数に制限があるため、稼ぎにくくなっています。なので、バイナリーオプションでしっかり稼いでいくのであれば、海外業者を利用することをおすすめします。ちなみに取引時間がどれくらい違うかというと、国内業者であれば、1回あたり3時間が一般的ですが、海外業者であれば、30秒や1分、15分など非常に短い時間で取引出来ます。しかもこれだけ短い取引時間にも関わらず、ペイアウト率は1.8倍以上の業者がほとんどなので、勝率さえ安定させられれば、どんどん稼ぐことができます。

裁量トレード厳守

次に、裁量トレードをするようにしましょう。ツールや自動売買システムなど便利なものがバイナリーオプション業界にはたくさんありますが、これらはほとんどの場合サイトなどで謳っているものと結果が違うものばかりです。つまり詐欺である可能性が高いということです。

また、ツールなどはかなり高額であり、数十万円するものが当たり前です。何十万円もツールにお金を出すのであれば、そのお金をバイナリーオプションの口座に入金して裁量トレードの経験を積んだ方が、良い結果に繋がりやすくなります。なので、ツールなどは購入せず、裁量トレードを磨くようにしましょう。

また裁量トレードで勝てるようになれば、このあと説明するメンタル面にも大きな影響を与えるだけでなく、何にも惑わされないノウハウになりますので、自分で勝ちを掴み取るようにしましょう。

指標はシンプルに

3つ目の心得として指標はシンプルにしましょう。テクニカル分析を勉強しだすとあれもこれも使いたくなるのですが、あまり増やし過ぎるとチャート自体が見づらくなり、的確なエントリーポイントを見つけ出せなくなってしまいます。

さらに分析ツールを増やし過ぎると逆に勝率が落ちる傾向にあります。理由は複雑になりすぎてどこが有効な部分かの判断がつかなくなってしまうからです。なのでテクニカル分析をする際は、トレンド系を1つか2つに絞って、オシレーター系を1つと計3つ程度が理想と言えますので、自分好みのテクニカルツールを厳選してそれを組み合わせ、手法を固めていくようにしましょう。

資金管理を徹底する

次に、資金管理も徹底するようにしましょう。資金管理はバイナリーオプションをする上で非常に大切な要素になります。この資金管理が出来ていないと、いくら勝率が高くても負けてしまいます。

よく1回負けたら2回目は、倍掛けにするマーチンゲール手法がネットでおすすめされていますが、マーチンは資金管理の面からおすすめ出来ません。

資金管理を徹底するのであれば、投資金額を変動させてはいけないからです。利益がある程度出てきているのであれば、口座資金に応じて投資金額を変えていくことは問題なのですが、負けて資金が減っているにも関わらず投資金額を上げるのはメンタル面でも大きな負担になるため、より損失を拡大させてしまう恐れがあるので、マーチンはしないようにしましょう。

資金管理を徹底するコツとしては、出来るだけ1回あたりの投資金額を少なくすることで。負けても気にならない程度の投資金額でエントリーするようにしましょう。

メンタル管理

最後に必要な心得は、メンタル管理です。投資で大切なのは、資金管理・手法・メンタル管理と言われています。その中でもメンタル管理は特に大切でメンタル管理さえできていれば、負けることは無いと言われています。

どうしても1回1回のエントリーで勝ち負けを考えがちですが、バイナリーオプションは、トータルで勝っているか負けているかを考える必要があります。なので、トータルで勝ち続けるためにはメンタル管理が欠かせません。

メンタル管理は難しいですが、簡単にする方法があります。それが手法の確立と資金管理の徹底です。この2つがしっかりできていれば自然とメンタル面も安定し、無茶なエントリーをして大損する心配を減らすことが出来ますので、手法と資金管理を徹底するようにしましょう。

以上が、バイナリーオプションを攻略する上で大切な心得でした。どれも大切な要素ですが、特に資金管理の徹底とメンタル管理には気を付けて取引するようにしましょう。そうすることで、勝率を安定させることも出来ますので、実践してみてください。

テクニカル分析で攻略する際の注意点

テクニカル分析に全幅の信頼を寄せないように注意しよう

最後にテクニカル分析で攻略する際の注意点について解説します。まず、テクニカル分析をしたからと言って100%勝てるようにはならないということです。

あくまでバイナリーオプションをギャンブルではなく投資にすることが出来るという認識ぐらいにとどめておいてください。それから、テクニカル分析は、基礎を学んだらあとは自分で手法を確立させていくものであり、他人の手法をそのまま利用しても勝てるようにはなりません。あくまで参考程度に考え、それを元に自分なりに調整していくようにしてください。

まとめ

以上が、テクニカル分析でバイナリーオプションを攻略する方法でした。特に移動平均線が基本であり、移動平均線を理解することが大切であることが分かっていただけたと思います。

それから他のテクニカルツールを身に付けて、自分なりの手法を確立するようにすると、勝率を安定させることが出来ます。

また、テクニカル分析だけでなく、メンタル面や資金管理も勝率に大きく影響することも解説しました。バイナリーオプションを完全攻略するのは難しいですが、テクニカル分析等を身に付けていけば攻略出来るようになりますので、ぜひ実践してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ