バイナリーオプション基礎

バイナリーオプションはテクニカル分析を駆使すべし!

テクニカル分析とは

チャート分析とも呼ばれ、グラフを使って為替や株価の価値を数値的に分析していくことを言います。

バイナリーオプションで利益を求め続けるには、運だけでなく、しっかりしたデータ分析が必要です。

なぜなら、バイナリーオプションでなんとなく取引をしても利益が出ないところか、いつまでたっても勝てないからです。

そこで、今回はバイナリーオプションでなぜテクニカル分析を必要とするのか?利用するメリットと、導入方法を中心に解説します。

この記事で分かること
  • テクニカル分析の重要性
  • テクニカル分析を使うメリット
  • 導入方法
  • 練習方法

まずは、バイナリーオプションにおけるテクニカル分析の重要性から紹介します。

バイナリーオプションではテクニカル分析で勝敗が決まる

バイナリーオプションは、基本的に取引したい金融商品を選び、2択で決めるルールがあります。その為、勝率は適当に取引をしても50%。
つまり10回取引したら5回は成功するのではという確率です。

しかし、今言った数字は、利益を求めていくにはあまりにもお粗末で、いつまでたっても思った以上の収益を得ることはできません。

ハイローオーストラリアではまず勝率53.19%を目指すのが先決!ハイローオーストラリアは勝率何%で利益が出るのか、解説します。...

そこで重要なのが、バイナリーオプションでなるべく負けない為に、細かくデータ分析をすることにあります。
テクニカル分析を利用することで、過去のデータやリアルタイムで行われているやり取りで、次にどういった取引が行われるのかグラフで見ることができます。つまり、可視化して次の傾向を調べることができるので、いかに負けずにできるのか、テクニカル分析をマスターすることで戦略を練ることができるのです。

テクニカル分析の基本

テクニカル分析には準備がいる

まず、バイナリーオプションではテクニカル分析に必要な環境を整える必要があります。

最低限揃えて欲しいのは、以下の3つ。

  • パソコンまたはスマホ
  • インターネット環境
  • FX会社から提供されているMT4、MT5ツール

また、MT4ツールでも会社によって、バイナリーオプション業者で実際に取引するチャートとズレていることもあります。
正確に分析する為にも、提供元が一緒のMT4ツールを使うのがおすすめです。

テクニカル分析で出てくる専門用語はしっかり覚えておこう

バイナリーオプションでテクニカル分析の知識は必須

テクニカル分析を説明する上で、専門用語が沢山出てきますので、予めどういったワードが出るのか紹介します。

  • 相場(レート)
  • チャート
  • ローソク足
  • オシレーター
  • インジケーター
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • トレンド
  • エントリールール
  • エントリーポイント

今紹介した用語の詳細は以下のボタンにて詳しく解説しています。↓
用語集をみる▼

テクニカルチャートの見方について

テクニカル分析では、チャートを読む力が必要になります。

チャートの見方は以下の図の通り。

チャートの見本図

下の画像が実際の分析ツール画面になります。

実際の分析ツールの画面

基本はどのFX会社の分析ツールも同じです。

スズキのアイコン
スズキ

特に、ローソク足は金融市場の流れを可視化して読むのに最適のチャートです。

基本を押さえることができれば、バイナリーオプション取引における勝率の安定化にも繋がりますよ。

テクニカル分析は取引する期間でやり方が変わる

一定期間分析する場合、基本的には短期、中期、長期の3つに分類して判断します。
バイナリーオプションの場合は、期間がだいたい以下の表の通り。

期間時間
短期1分、15分、30分
中期1時間、1日
長期数日、1週間
スズキのアイコン
スズキ

バイナリーオプションではローソク足を使用する際、1分足など短い期間のチャートで判断することが多いです。

期間ローソク足
1分から1時間1分足、5分足 15分足
1時間から1日30分足、60分足 1日足

そして、テクニカル分析で取引す際には、期間によって、取引をする手段が変わります。

期間主な手段意味
短期スキャルピング数秒から数分単位で取引を何回も行うこと
中期デイトレード数分から数時間単位で取引を2回位行うこと
長期スイングトレード数日数週間単位で1回の取引を行うこと

バイナリーオプションでは、主に短期取引が多いのでスキャルピングという手法を使うことが多いです。ただし、初心者には難しいと言われているので、テクニカル分析で読む力が身につくまでは、利用しないのがおすすめです。

テクニカル分析にはカテゴリーが存在する

テクニカル分析には大きく分けて時系列と非時系列のカテゴリーが存在します。

バイナリーオプションでは、時系列の分類にあたる以下の2つの系統化されたインジケーター(指標)で取引をするタイミングを測ります。

  • トレンド系
  • オシレーター系

インジケーターの基本図

今紹介した2つの指標はバイナリーオプションで分析する際に必要なります。知っておくことで、どのような場面で利用すると良いのか理解することもできますので、より深く説明致します。

トレンド系のテクニカル分析について

金融市場における売買の流れを指標で表すインジケーターのことで、ローソク足やボリンジャーバンド、移動平均線が代表的です。

トレンドに分類されるインジケーター
  • ローソク足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • パラボリック

など

バイナリーオプションでは、上昇トレンドや下降トレンドの勢いを可視化して見るために、利用されることが多いです。

オシレーター系のテクニカル分析について

オシレーター系の場合は、トレンドとは別に、金融市場における買いと売りの大きさを判断する為に、利用することが多いです。

オシレーターに分類されるインジケーター
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • MACD

など

為替が買われすぎていたり、売られすぎた時の転換サインを見抜抜いて戦略を立てるのに向いています。

バイナリーオプションでテクニカル分析をするならまずダウ理論をマスターしよう

テクニカル分析で必要な用語や見方を覚えた後は、基本中の基本であるダウ理論をマスターしてください。

理由は、テクニカル分析の見方だけでなく、考え方を覚えておくことで、バイナリーオプション取引の流れが大体わかってくるようになるからです。

特にバイナリーオプションで応用する場合は、ダウ理論の基本理念をもとに分析していくのがおすすめです。

ダウ理論の基本理念は6つ。

  • 商品価格はすべての事象を織り込む
  • 市場の流れ(トレンド)は短期、中期、長期の3つに分類される
  • 価格は相互に確認する必要がある
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナル(サイン)が出るまで継続する
  • トレンドの流れは下降、上昇、横這いと3段階から形成される

簡単に要約すると、

  • 商品価格は経済や投資家の心理などで変動する
  • トレンドは数秒、数分、数時間、1日と時間ごとに分類ができる
  • トレンドを見るときは数秒、数分、数時間ごとに分類して分析する
  • リアルタイムでの為替取引で上昇、上昇、横這いになっている流れを見つける
  • 価格は関連のある商品も合わせて分析する必要がある
  • トレンドが転換するポイント(サイン)を見つける

と、いった感じです。今紹介した基本理念を知っておくと、運任せの取引よりも市場を広い視点で分析することができるので失敗するリスクがだいぶ減ります。

また、今言ったダウ理論をもとにテクニカル分析のインジケーターを使うことで、ダマシにあう確率も減ります。

インジケーターについては別ページで設定方法などを詳しく解説していますので、後ほど確認してみてください。

インジケーターについて▼

最後はテクニカル分析を使ってバイナリーオプションの練習をしよう

テクニカル分析は100%当たるという便利アイテムではなく、あくまでタイミングよく取引する為の道具にすぎません。

しかし、使い方によっては、勝率50%から徐々に上がって、利益獲得に繋がります。その為には、テクニカル分析の使い方を知るだけでなく、自分なりに裁量を見つけて分析していくのが近道です。

バイナリーオプション業者の中には、無料でデモ取引ができるところもあるので、まずは簡単なテクニカル分析を使って利益を出し方のコツを見つけてみてください。

当サイトおすすめバイナリーオプション業者のデモで練習を始める▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です