バイナリーオプション攻略

バイナリーオプションでMACDの使い道はあるのか?

MACD

バイナリーオプション攻略のためには、テクニカル分析も必要不可欠です。

今回は、テクニカル分析でもメジャーな「MACD(マックディー)」というインジケーターを使った分析の仕方や、エントリーポイントの見極め方について詳しく解説します。

MACDは、覚えれば初めての方でも利用できる難易度低めのインジケーターです。

テクニカル分析の中でもメジャーなので、バイナリーオプション界隈でも攻略法として紹介されています。

そんなMACDについて今回は、バイナリーオプションにおけるエントリーポイントのシグナルの見つけ方や、設定方法、使い道などについて詳しく解説します。

もし、バイナリーオプションでもう少し正確に取引できる方法を模索している方は、是非、参考までにご覧下さい。

MACDとは?

MACDは、簡単に説明します違う期間の平均値で分析する指標(インジケーター)です。
短い期間の移動平均線と、中間から長い期間の移動平均線を使ってエントリーポイントを分析します。

また、設定方法も簡単で、シンプルな手法に使えることから初めてでも利用できるインジケーターとなっています。

MACDをヤフーファイナンスで見る方法

MACDの設定をするためにまず、ヤフーファイナンスのページ左上にあるFX・為替のボタンをクリックします。

FX・為替ボタン

次に赤枠の中のFX・チャートから自分が取引したいレートを選びクリックしてください。今回は、米ドル/円を選びます。

レート選択

次に、赤枠のテクニカル分析用テクニカルチャートをクリックしてください。

チャート選択

クリックすると、米ドル/円のチャートがでてきます。

次に、画像の右側にある赤枠のテクニカルと書いてあるところをクリックしてください。すると、テクニカル選択という黒いメニューが出てきますので、オシレータ系を選択し、MACDにチェックを入れてください。これでMACDを見ることができます。

ヤフーファイナンス

テクニカル分析チャート

先程の説明通りにやっていくとこちらの画像のようにMACDを見ることができるテクニカル分析チャートになります。

上の図がロウソク足チャートになります。為替の値動きを判別するためのチャートであり、テクニカル分析する上で基本になります。下の図がMACDになります。

実際にMACDでザバイナリーを使って取引してみた!

それではMACDを使って取引の分析をしてきます。

取引方法は簡単です。青い線のMACDと赤い線のシグナルが重なったときにエントリーする

たったこれだけです。しかし、注意してほしい点があります。

青い線と赤い線が重なりそうで重ならない動きのときがあります。そういった場合に早まって取引してしまった場合はこの方法が実践されていないので、レートが違う動きになり負けてしまうことがありますので、気をつけましょう。重なった場合に両側のスペースに空白ができてからエントリーするようにしましょう。

実際にザ・バイナリーをしてみます。

テクニカル分析チャート

ザ・バイナリーで取引するためにまずはじめに、ヤフーファイナンスのテクニカルチャート分析を見ます。そして、青い線と赤い線が交わったときにザ・バイナリーでエントリーします。

MACD

今回はザ・バイナリーの取引最低額100円でやってみたいと思います。Highで、重なったのでLOWでエントリーしました。結果は?

取引結果

ザ・バイナリーで取引した結果、無事に勝つことができました。この方法を使えば、勝率は格段にアップできると思います。気になる方はバイナリーオプションで取引する方はぜひ実践してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です