ハイローオーストラリア公式

トレード200(TORADE200)で一目均衡表が攻略に活躍した内容を紹介

トレード200(TORADE200)を攻略する

トレード200(TORADE200)は利用者のニーズに応えた取引環境を構築していることで大きく評価を博している海外バイナリーオプションです。

トレード200(TORADE200)の取引の際、チャートを分析して攻略するべくローソク足チャートやボリンジャーバンドを活用してみたのですが、いまいち決定打に欠け、怪しい感じがしました。

それなら一目均衡表に頼ってみようと思ったところ、他では違う観点から分析が行なえたので、無事取引を制し、攻略することができました。

その分析に至った内容と、一目均衡表についてかんたんに紹介したいと思います。

トレード200(TORADE200)に活躍した一目均衡表とは

トレード200(TORADE200)で分析に活躍した一目均衡表はというと、基準線、傾向線、雲とに分かれており、それぞれの違った特性を使い、取引を分析するものです。

それぞれの特徴としては、傾向線が基準線を踏み越えた方向にチャートのトレンドが動く傾向がある。現在のチャートが雲より上の場合は上昇トレンド、逆は下降トレンド。さらに雲が分厚いほどチャートは雲と接触しづらい傾向があります。

以上の特徴を踏まえた上で一目均衡表を分析に活用することになります。では今回の約にたった事例を紹介しようと思います。

トレード200(TORADE200)のチャートの動向がイマイチ掴めない事例

トレード200(TORADE200)でリターン200取引を攻略しようとする際、分析ツールMT4にて分析をおこなっていたわけですが、決定打に欠けていました。見てみましょう。

トレード200(TORADE200)を攻略する

MT4のチャート画面です。ボリンジャーバンドを踏み越えた後の傾向反転かと思いきや、ローソク足が十字線の形をとっています。ボリンジャーバンドからは下降しそうな可能性が、ローソク足からは更なる傾向転換の可能性が、というように、いまいち傾向が掴みにくいところ。ここで一目均衡表の登場です。

トレード200(TORADE200)を攻略する

赤線が傾向線、青線が基準線です。下のピンクでふわふわしているものが雲ですね。この傾向線が基準線の上に伸びているので上昇傾向。そして今のチャートが雲の上にあるので上昇傾向。ということが読み取れるわけです。

トレード200(TORADE200)を攻略する

トレード200(TORADE200)で上記のことを踏まえた上でわたしはHIGHで取引を開始します。はたしてチャートは上昇してくれるのか。

トレード200(TORADE200)を攻略する

トレード200(TORADE200)の取引画面を見るとわかるようにチャートは上昇してくれて取引は成功。一目均衡表の分析のおかげで見事取引攻略に到ることができました!ちなみに¥50,000の利益でしたよ!

トレード200(TORADE200)は各種の分析材料を駆使し攻略せよ

トレード200(TORADE200)で一目均衡表が攻略に活躍した模様を過程を含めて紹介してきました。逆に一目均衡表でわからないことをローソク足やボリンジャーバンドで判断することが大切になります。

分析はあくまで確率論なのであって100%成功するものではありません。分析を重ね、あくまで勝率を上げるという工夫が大事になってきます。

わたしも分析の精度を上げ、日々攻略に向かって万進しております。みなさんもトレード200(TORADE200)で一目均衡表などを活用し、攻略に挑戦されてみてはいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ