ハイローオーストラリア公式

トレード200に挑戦!

トレード200はペイアウト率200%取引リターン200などの短期取引に重きを置いた人気海外バイナリーオプション業者。

トレード200の取引時間1分指定の場合

トレード200を攻略するということは短期取引を攻略するということ。トレード200の短期取引では取引時間を1分か2分に設定することができ、チャートの値動きの状態によっては使い分ける必要があります

取引時間1分は直後に値動きを期待できる際に指定します。そして取引時間2分は1分では値が動いてくれないだろうという際に指定します。

トレード200の短期取引を行なう際、1分か2分かの時間指定が重要になる実際の取引場面を紹介しましょう。

【トピック①】トレード200を1分に指定したい場面
【トピック②】トレード200を2分に指定したい場面

トレード200の1分指定の場合

トレード200の短期取引にて取引時間1分に指定すべき事例を紹介します。

トレード200の取引時間1分指定の場合

トレード200にて、チャートが上昇、そして大きく下降という感じで上下しながらの下降トレンドである場面。チャートが上昇するあたりを見越してHIGHにて取引を行ないます

トレード200の取引時間1分指定の場合

トレード200での取引の結果、1分後のHIGHにて取引が成功し、その後チャートは下降していきました。今回の取引時間を2分に設定していたら取引は失敗に終わっていました

この取引のように、直後の値動きに期待できる際に取引時間を1分に指定して取引を行ないましょう。続いて取引時間を2分に指定すべき事例を見ていきましょう。

トレード200の2分指定の場合

トレード200の短期取引にて取引時間2分に指定すべき事例を紹介します。

トレード200の取引時間1分指定の場合

トレード200にてチャートが大きく上昇し、少し下降という値動きを繰り返す場面。恐らく1分後にはチャートは少し下降しLOWになるので、その後の上昇を見越して取引時間を2分に指定して取引を行ないます

トレード200の取引時間1分指定の場合

トレード200での取引の結果、チャートは予想通り2分後あたりに丁度上昇してくれ、取引は成功。今回の取引時間を1分に設定していたら取引は失敗に終わっていました

このように、取引時間1分では望む値動きをしてくれなく、その後に望む値動きが期待できる際に取引時間を2分に指定して取引を行ないましょう。

トレード200の短期取引を攻略するには、取引時間の指定が重要。チャートの値動きの状況によって1分と2分を使い分けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ