ハイローオーストラリア公式

トレード200のリターン200はレンジ幅との闘い

トレード200は短期取引に的を絞った取引環境に、ネッテラー採用で知られる海外人気バイナリーオプション業者。

トレード200のリターン200はレンジ幅を制する取引

トレード200のリターン200は、200%という高ペイアウト率の短期取引として人気を博している取引です。一度の取引成功で2倍のペイアウトなので非常に魅力的な取引ですね。

トレード200のリターン200は、高ペイアウト率の代わりにレンジ幅が追加されたもの。このレンジ幅とは、ドロー判定付近に小さな幅(レンジ幅)を設定し、判定時にチャートがこの幅(レンジ幅)に収まると取引は失敗するというものになります。

なのでこのリターン200は、いかにチャートがレンジ幅に収まらないほどの値動きを見せてくれるかが重要で、そして、そんな値動きを見せるチャートを選ぶのが、レンジ幅のあるリターン200を制するポイントになります。

トレード200で実際にリターン200に挑戦しましたので、いかにレンジ幅を制するのか見ていきましょう。

トレード200のレンジ幅のあるリターン200の攻略に挑戦

トレード200のリターン200に挑戦してみましょう。まずはレンジ幅に収まらないようなチャートを選びます。

トレード200のリターン200はレンジ幅を制する取引

トレード200のリターン200取引画面でレンジ幅を見てみましょう。現在のチャートの上下に一定の幅がありますね。これがレンジ幅です

今回選んだチャートは、レンジ幅を振り切ってくれるほど大きな値動きをしているので取引に踏み込みました。これほど値が動いていれば大丈夫でしょう。

トレード200のリターン200はレンジ幅を制する取引

トレード200のリターン200で早速取引を開始します。チャートは下降と上昇を繰り返しつつも下降トレンドにあるので、チャートが少し上昇した時を見計らってLOWにて取引を行ないます

トレード200のリターン200はレンジ幅を制する取引

トレード200のリターン200の取引後画面。チャートは下降するという読み通り、そしてレンジ幅の心配がいらないほどに下降してくれました。

LOWということで取引は成功。投資した¥10,000が¥20,000になって返ってきました。やはりペイアウト率200%は強烈ですね。投資額が倍になっちゃいました。

トレード200のレンジ幅のあるリターン200を制するには

トレード200のリターン200では先ほども紹介した通り、レンジ幅を脱するほどの大きな値動きを見せるチャートを選ぶということが重要です。

更にリターン200にて、取引が開始、つまり判定を開始する位置を、自分の予想する値動き方向と反対の値動き方向を見せた位置から開始するようにしましょう。

今回の挑戦した取引でも、チャートが下降する見込みで、チャートが上昇した時に取引を開始していましたね。少しでもレンジ幅からチャートが遠のかせるための戦略です。

トレード200のリターン200に挑戦する際は、以上の点を考慮した上で取引を行ないましょう。レンジ幅など怖くない!リターン200でペイアウト200%を体験しよう。

コメントを残す

サブコンテンツ